ブログは稼げても飽きる!ブログに飽きた先にあるものとは?

ブログの始め方

ブログを書き始めてかれこれ4年になります。

毎日毎日書き続けて、5つのブログを並行して書き続けています。

それだけブログを書いて飽きないのか?

そんな疑問を持たれることがありますが、正直にいうと長くブログを書いていると飽きます。

さすがに毎日書いていると飽きてくるんですね。

もともと目標としていた「月3万円稼ぐ!」という目標も達成し、確かに右肩上がりにブログ収益も増えています。

稼げていてもブログを書くのに飽きてくると面倒くさくなってくるんですね。

それでも僕はブログを今後も書き続けます。

何度もこのブログに飽きることを繰り返しながら、ブログを継続する術を見つけたからです。

ブログに飽きた先に何があるのか?

一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

ブログに飽きる理由

何でブログに飽きるのでしょうか?

ブログに飽きる理由から考えてみましょう。

面倒くさくなってくる

だんだんブログを書くことって面倒くさくなってきます。

1記事書きあげるのに多くの時間を使いますので、書くこと自体が面倒になってきてしまうんですね。

ブログを書き始めた当初は新鮮に思えたことも、時間が経ってくると書くことには慣れても、書きあげるまでの時間を想像すると億劫です。

1記事書くのに3~4時間として、2~3日に1記事書いているようなペースを維持するのは至難の業です。

楽なほうに逃げたくなるのが人間です。

クリアしたゲームをやり続けていたら飽きて面倒になってくるように、ブログもまた面倒になり飽きてきます。

書いても爆発的には伸びない

書いても書いてもブログで本当に稼いでいる人は一握りです。

確かに書いた分伸びるのでブログと収益は比例関係にありますが、ブレイクスルーするまでにはものすごく大きな壁があります。

爆発的に伸びて結果が出ればモチベーションも上がります。

結果がなかなか思うように出ない状況で書き続けていると、段々と同じことの繰り返しに飽きがきてしまいます。

伸びが緩やかだと飽きることとの戦いとなるかもしれません。

書くこと自体に飽きる

文章を書くこと自体に飽きがきがちです。

ブログはネタ探しやアウトラインを引くことが大事で、書くこと自体は単純作業の側面があります。

SEOに関わるキーワードを探し、見出しをまとめる。

文章自体は見出しに応じた300文字前後のライティングの繰り返しです。

毎日毎日書き続けていると、4年も続けていれば飽きてきますね。

ブログに飽きたらどうすればよいか?

ブログに飽きたらどうしたらよいのでしょう?

飽きたからといってやめてしまってはこれまでの努力も水の泡です。

そこで、ブログに飽きたときにはどうしたらよいのか考えてみましょう。

違うテーマの新ブログを開設する

イチオシは違うテーマの新ブログを開設することです。

僕も複数のブログを運営していますが、書きたいことが分散しているとブログ継続しやすくなります。

同じテーマでブログを書き続けていると飽きやすいですからね。

⇩ちなみに僕のブログ遍歴はこちら

営業ブログ開設→毎日更新雑記ブログ→当ブログ→サラリーマン大家ブログ→NFTゲームブログ

それぞれテーマが違うので書きたい内容は尽きませんよ。

書く習慣は崩さない

ブログに飽きてしまったからといって、書く習慣がなくなってしまうと一気にブログ熱は冷めます。

多くの人がブログをやめていく最終的なポイントは習慣がなくなったときです。

1ヶ月まったくブログを書かなかったら、ブログをまた書こうとはなかなか思えなくなってしまうんですね。

そういう意味では毎日更新のブログを持っておくと強いです。

100文字でもいいので更新する癖をつけておくと簡単にはやめないで済みますよ。

毎日更新と全ブログ月1以上更新がノルマ!

新しいことを始めてみる

ブログに飽きてきたら、ブログとは違う新しいことを始めてみることもおすすめです。

僕も営業ブログに全振りしていましたが、飽きてきてしまったときに仮想通貨・NFTゲーム・不動産投資の勉強など、ブログとは関係のない新しいことを始めました。

結果、新しく始めたことに関連するブログを今書いています。

新しいことを始めて知った情報はまた発信したくなるんですね。

ブログというアウトプットの原点はインプットです。

インプットしたことが多ければ多いほどブログは楽しくなります。

ブログに飽きた先にあるもの

ブログに飽きてやめてしまっても何も残っていないわけではありません。

ブログに飽きた先には何があるのか?考えてみましょう。

ブログという資産は残る

ブログに飽きてしまっても、過去に書いた記事が残る限り資産は残ります。

ブログを放置していても黒字化できるところまで育成していれば、資産として残っているんですね。

実は放置していもPVはそれほど変わらないばかりか、増えていくこともあります。

ドメインパワーは年数を重ねるほど強くなるので、逆に伸びることもあるんですね。

黒字化できたブログは簡単にドメインを消さないで残しておくことをおすすめします。

手に入れたライティング力も残る

仮にブログを完全にやめてしまっても、ムダだったわけではありません。

ブログを書くことで得られるマーケティング力やライティング力は残ります。

特にライティングはブログで育まれる最たるもので、仕事上にも役に立つ場面も多いことでしょう。

会議資料まとめるのめっちゃ早くなった!

飽きても書き続けた先に何かがある

飽きても書き続けているとどんなことが起こるのか?

それは書き続けないとわかりません。

ブログ4年で月6ケタの数字は見えてきています。

センスがある人から見たら亀ペースだと思うかもしれませんが、書いた分は着実に詰み上がっていくのがブログです。

どんなに伸びなくても、どんなに飽きてもやめない決心をしておくといいことありそうです。

3年やめないと決めて始めたけど、10年やめないと宣言する!

まとめ:ブログに飽きても書き続けよう!

結論:ブログは飽きます。

何だって同じことを繰り返し続けていれば飽きてきてしまうものです。

ただ、少し工夫をすれば飽きても続けることができます。

ブログに飽きても継続する方法
  • 違うテーマの新ブログを開設する
  • 書く習慣は崩さない
  • 新しいことを始めてみる

これらの対策でブログに飽きても続けることをおすすめします。

4年ブログを書いてきましたが、これからも楽しみながらブログを続けられそうです。

資産として残り続けるブログにはまだまだ魅力がありますね。

タイトルとURLをコピーしました