転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる5つの理由とは?

ブログノウハウ

転職サイトのアフィリエイトをこれから始めようと思っている人は注意が必要です。

転職サイトのアフィリエイトは単価が高いので狙いたいのはみんな同じで、読者からしても「うざい」と思われてい売る可能性があります。

なぜこれほど転職のアフィリエイトはうざいと思われてしまうのでしょうか?

大きく5つの理由がありますので解説します。

スポンサーリンク

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる5つの理由

読者の立場でも転職のアフィリエイトっぽい記事を読んでうざいと感じたこともあるはずです。

そこに転職アフィリエイトの問題が隠れています。

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる理由は大きく5つです。

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる5つの理由
  • ①利用していないことが透けて見える
  • ②とにかく広告が多すぎる
  • ③関係ない流れから誘導してくる
  • ④良いと思っていないのに推してくる
  • ⑤企業サイトばかりで正しい情報がわかりいくい

あるあるのことばかりですよね!

なぜこれほどまでに転職アフィリエイトがうざいと思われるのかを考えてみましょう。

①利用していないことが透けて見える

転職エージェントにしても転職サイトにしても、複数紹介されていることがありますが信憑性を疑ってしまいますね。

実際に転職したとしても、利用した転職エージェントやサイトがいくつもあるはずがありません。

実際に利用したからこそいえる体験談は信憑性がありますが、利用していないのに紹介している感が出ている記事も多いのです。

読者もまた「利用していないな」と透けて見えてしまうと「うざい」と感じます。

ランキング記事や〇選!って記事は怪しいですよ。。

評判や口コミ系の記事はブログの定番ですが、利用していない転職アフィリエイトを掲載するときには注意が必要です。

嘘や薄い情報がバレてしまうと、ブログ全体の信用を落とす結果になるかもしれません。

②とにかく広告が多すぎる

転職サイトのアフィリエイト広告はいたるところに見受けられます。

それだけ需要があるので供給もされるのでしょうが、転職系のバナー広告の多さにうんざりしている人も多いはずです。

転職エージェント・転職サイトは特に乱立していて、業種ごとに特化転職サイトもたくさん存在してます。

それに合わせるようにアフィリエイト案件も増えているので、広告となる記事も増えているんですね。

広告が多ければ多いほど、広告だと気づけば気づくほど、読者はうざいと思ってしまうのです。

③関係ない流れから誘導しようとしてくる

一見関係ない検索をしたにもかかわらず、読み進めていくと転職サイトをすすめてくるような記事に当たった経験がある方もいるでしょう。

「死にたい」「働きたくない」などのネガティブワードから、転職へと誘導する流れはやっぱりうざいですよね。

悩みの解決のひとつに転職があるのは間違いありませんが、読者が求めている内容から離れていくような転職のアフィリエイトが貼られているとうざいと思われてしまいますよ。

残業や上司の悩み系の記事→転職の流れも多いですよね~。

④よいと思っていないのに推してくる

転職のアフィリエイトを利用していないだろう」「または転職のアフィリエイトをよいと思ってないだろう」と感じる記事を開いたときにはうざいと思いますね。

複数の転職サービスを紹介していても、体験しているのはそのうちのいくつでしょうか。

特に転職系のランキング記事はアフィリエイトとして売りたいサービスを推してきます。

アフィリエイトがないサービスはランキング下位だったりするわけですね。

記事の執筆者が稼ぎたいために書かれた記事はうざいと思われてしまうので気をつけなければなりません。

⑤企業サイトばかりで正しい情報がわかりにくい

転職サイトは乱立しており、運営している企業は転職に関連するキーワードでライターを雇って記事を書いています。

ドメインパワーの強い企業サイトが上位表示されるので、検索したときに調べたい情報がなかなかヒットしないのが実情です。

転職関連のキーワードで検索すると、企業サイト→アフィリエイターの記事ばかりが表示されます。

企業サイトは自分のサービスに誘導することを目的としており、アフィリエイターは収益化を目的としています。

本当に欲しい情報を取り出すのが困難になっているため、転職のアフィリエイトサイトもうざいと思わてしまうのです。

企業サイトやアフィリエイターサイトにはうんざりしちゃう人も多いはず!

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われないためにはどうしたらよい?

転職のアフィリエイト記事を書くのであれば、うざいと思われないようにしたいですよね。

読者から一度うざいと思われてしまうと、ブログ全体の信用が落ちてしまいます。

そこで転職アフィリエイトの記事でうざいと思われないように、どうすればよいのか考えてみましょう。

体験談は忖度なしに書く

転職の体験談は読者にとって参考になる記事です。

体験談や口コミ記事はブロガーだからこそ書ける記事でもあります。

企業サイトには絶対に書けない記事ですね。

ただし、ここで収益を狙いたいからといって、よいことばかりを書くのではなく正しい情報を紹介するようにしましょう。

メリットだけではなくデメリットも明記しておいた方が記事の信頼度は増します。

アフィリエイトがあるからといって、忖度しないで記事を書くのがおすすめです。

読者貢献となる記事を書く

転職サイトのアフィリエイトを絡めたいのはわかりますが、まずは読者貢献となる記事を一番に書きましょう。

ランキング記事やサービスを複数紹介するような記事でも、読者は執筆者の意図を読んでいます。

アフィリエイトから設計されている記事であると気づかれてしまうと、離脱の原因となってしまいます。

アフィリエイトのないサービスも含めて、中立的な記事を書くことが大切です。

最低限利用してみる

転職サービスを語るのであれば、最低限の利用をしてみてから記事を書くようにしましょう。

試してみたからこそ書ける内容に価値が生まれます。

会員登録もせずに記事を書いていることはバレてしまいます。

転職するつもりがなくても、自己分析ツールが優秀なサービスもあります。

アフィリエイト報酬が高いからといって、使ってもいないサービスを紹介するのは危険ですよ。

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる5つの理由まとめ

転職サイトのアフィリエイトは読者目線で見ると「うざい」と思ってしまうケースがありますね。

転職サイトのアフィリエイトがうざいと思われる5つの理由
  • ①利用していないことが透けて見える
  • ②とにかく広告が多すぎる
  • ③関係ない流れから誘導してくる
  • ④良いと思っていないのに推してくる
  • ⑤企業サイトばかりで正しい情報がわかりいくい

自分が転職系の記事を書くときには注意したいものです。

最低限紹介する転職サービスは利用してみてから記事を書くようにしましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました