【プチバズ】ツイッターでプチバズったらどうなるのかを紹介します!

ブログノウハウ

何も考えずにツイートしたひとつがプチバズリました!

いいね500以上のツイートが2つも生まれたんです。

ところで「プチバズ」といってもなんだかよくわかりませんよね。

そこでプチバズとはどんな状況か、プチバズった後どうなるかについて紹介します。

スポンサーリンク

プチバズとは

「プチバズ」といってもどのくらいがプチバズといえるのか、「バズる」との違いもわかりにくいですね。

「バズる」と「プチバズ」の違いを考えてみましょう。

プチバズに明確な基準はないのであくまでも参考値です。

バズるとは

「バズる」とはbuzz(ざわめき・羽音)を語源とした和製英語で、SNSなどで短期間に一気に拡散されることをいいます。

ツイッターではRT(リツイート)・引用RT・いいねをされることで、多くの人に読まれることがあるのです。

一般的にツイートで「バズる」というといいねが1万以上いくとバズったといえるくらいでしょうか。

芸能人などの著名人のツイートでは1万越えも普通ですが、一般の方でいいねが100以上つく人はなかなかのインフルエンサーといえます。

普通のツイートだといいねは10くらいでした。

このバズるの基準も人によって異なります。

普段のツイートの100倍以上拡散されたものをバズるといってもよいかもしれません。

プチバズとは

「バズる」に対して「プチバズ」は、バズるとまではいえないが普段以上に拡散されることです。

バズることもそうですが基準はありません。

ツイッターでいうと一般的に500~1000くらい「いいね」がつくと「プチバズ」といえるでしょう。

もちろん普段のツイートで500いいねがつく人には「プチバズ」とはいえません。

あくまでも普段のツイートに対する比較で、10倍~100倍程度拡散されたものをプチバズといってもよいのではないでしょうか。

プチバズったツイート

さて、実際にプチバズったツイートを紹介します。

ホント狙ったわけでも何でもなく、何気なくツイートしたものだったのでびっくりしました。

「いいね」は600以上付きました。

普段のツイートではいいね1ケタのことも多いので、普段の100倍近い拡散といえそうです。

そしてもうひとつ。

同じ日のツイートもいいね500超えとプチバズりました。

これは反応があるタイミングだったから伸びたのかもしれませんね。

プチバズるとどうなる?

ツイートがプチバズるとどうなるのか?

プチバズったあとの状況を紹介します。

通知を追うのが大変

プチバズると通知を追うのが大変になります。

ツイッターはいいねやリツイートなど何かしら反応があると通知の数が表記されます。

通知の表示が限界表示の20+と表記されました。

なかなか珍しい状況ですね。

次から次へと新しい通知も来るので、古い通知が下に追いやられてしまい、通知を追うのが大変な状況でした。

リプの返信も増える

基本的にはリプ(リプライ:返信)はすべてしようと思っているので、返信をすべてしました。

10件以上リプをもらったので結構大変でした。

それでもリプをもらえるのはいいねやリツイートよりも嬉しいことです。

ツイッターは人対人のコミュニケーションツールだと思うのでリプが1番うれしいですね。

コメントをしっかり読んで返信しました。

こんなにたくさんリプしたことは今までなかったかもしれません。

フォロワーさん200人以上増えた

フォロワーさんが200人以上増えました。

ツイート前は440人くらいだったフォロワーさんが2日で660人以上となっています。

プチバズツイートのインプレッションは30,000近くあり、プロフィールクリックも600以上と効果はすごいですね。

現在稼働中のブロガーさんでフォロー+リプをくれた人から順にフォロバしてます。

フォロワーさんが増えるのも嬉しいことですね。

ブログへの流入も増える

プロフィールや固定ツイートからブログを読んでくれる方も一気に増えました。

ピーク値では1日の流入ユーザー数が198となりました。

ツイッターからブログを読んでくれる人が増えるとうれしいですね。

ブログの集客ツールとして、ツイッターはうまくいくと期待できるSNSだとも感じました。

勢いがあるのは一時的

プチバズを体験してみてわかりましたが、反響の勢いは一時的なものです。

2日経つと大分落ち着いてきます。

うっかり人気者になったように錯覚してしまいがちですが、勘違いしないほうがいいですね。

あくまでも1・2ツイートプチバズった程度ではインフルエンサーにはなれません。

コツコツ継続して信頼を得てこそ発言に価値が出てくるんでしょう。

プチバズ経験後の心境変化

プチバズを経験したことで、ツイッターやブログへの向き合い方について少し心境が変化してきました。

プチバズ後の心境変化を紹介します。

フォロワーさんと仲良くしたくなる

ツイッターがプチバズってフォロワーさんと関わったことで、今まで以上にフォロワーさんと仲良くしたいなと思うようになりました。

リプをしてコミュニケーションを取ると、情報交換だけなく応援したり、励まし合ったりできるのもツイッターの魅力だと再確認しました。

フォローしてくれた方の過去ツイートやブログを読んで刺激も受けています。

ブロガーのフォロワーさんとはもっと仲良くなって、一緒にブログもツイッターも継続していきたいです。

誰かの役に立つツイートをしたくなる

今までは独りよがりなツイートをしていたような気がします。

僕のツイートが誰かの励みになった部分もあるようなので、今後は誰かの役に立つ価値のあるツイートをしたいという気になりました。

プチバズを経験したことでSNSと向き合うきっかけになった気がします。

いいねを追い求めても仕方ありませんが、誰かの心に届くとうれしいですね。

ブログへの流入を増やしたくなる

ブログへの集客ツールとして、SNSは有効であることもわかりました。

まったく今回のツイートではブログへの集客をしたわけではありませんが、プロフィールや固定ツイートからブログを読んでくれる人が増えました。

SEOだけではなく、SNSによる人検索も今後の時代に大事な集客方法といえます。

あまり広告っぽくならないように、SNSも活用していきたいものですね。

ツイッターでプチバズったらどうなるか?さいごに

人生で初めて「プチバズ」を経験しました。

ツイートに対して反応があるとうれしいことだと改めて実感しました。

ブログへの流入が期待できるのもブロガーにはうれしいですね。

「プチバズ」は狙ってできるものではありませんが、誰かの共感を生むようなツイートを心がけていきましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました